20代で田舎に移住&山小屋を建ててスローライフ始めました

新卒で入社した会社を1年で辞め、Bライフ・小屋暮らしで低コストで豊かな生活を目指すブログ

カテゴリー「SLOW LIFE」
カテゴリー「WORK」
カテゴリー「MONEY」
カテゴリー「ABOUT」

【ブログ運営報告】ブログを始めて1か月目のアクセス数と記事数

f:id:thesaviour:20200602210839j:plain

先月5月から本格的にブログを始めて1ヶ月が経ちました。 今回の記事では、1ヶ月目のPVと記事数を報告します

筆者のステータスとブログ概要

ブログの報告記事は検索すると大量にでてきますが、その人のバックグラウンドを知らずに参考にするのは危険だと思います。

そのため、まずは私のステータスとブログの内容からご紹介します。

筆者ステータス

  • Twitter10ヶ月
  • フォロワー約200人
  • ブログ開始前は節約と投資についてつぶやく
  • ブログ開始後は記事更新時に通知ツイート
  • ブログ開設は3年ぶり2回目(以前もはてなブログで開設。シンプルライフに関して15記事書くも、1日の平均PVは5程度)

ブログ概要

  • 2019年10月にブログ開設し、2020年5月より本格的に開始
  • 主に節約系スローライフ(小屋暮らし・Bライフ)に関する情報を発信
  • 記事数は23(内6記事は本格運用前の2019年10月〜12月のもの)
  • 計測にはGoogle Analyticsを使用。筆者自身のアクセス未除外

こんな感じです。

今回のブログは二回目ですが、前回のブログの平均PVは5とほとんど誰にも見られていません。

Twitterのフォロワーさんも約200人と決して多くはないものの、まったくいないというわけではありません

しかし、フォロワーさんは『節約』や『投資』クラスターの方が多いので、ブログの発信内容に興味がない方が大半かと思います。

以上の点を踏まえた上で、運営報告です。

運営報告

f:id:thesaviour:20200602210904j:plain

期間 5/1~5/31
PV(アクセス) 2805
ユーザー数 602
記事数 18
検索からの流入 2%
平均文字数 3445
Twitterフォロワー数 191→219

※5月3日の山は筆者がブログカスタマイズでプレビューした分です

上記グラフと表に対する所感と解説を、項目別に紹介します。

アクセス数:約2800PV

これはなかなかいい結果だと受け止めています。

というのも、過去に開設したブログは1か月目に350PVしかなかったからです。

PV数の目安としてよく引用されているのが、下記の画像です。

f:id:thesaviour:20200602210919p:plain

PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?:ブログ部 )

こちらの画像でいくと、PV3000以下なので一番下の『ビギナー』ですね。私はビギナーなので正しいです。

一方で、こちらの画像もよく参考にされているものです。2013年に調査されたアンケートのようですね。

f:id:thesaviour:20200602211500p:plain

こちらを参考にすると、1日の平均アクセス数が50PV以上の割合は22%です。

1日の平均が50PVということは、月間1500PV以上なら上位22%ということになります。

先月のPV数は2800だったので、上位22%の仲間入りを果たしたことになります。

しかし、上記データの出典(リサーチバンク)のリンクが切れている上、新しいURLも発見できなかったため、信ぴょう性に欠けます

何より2013年と古いデータなのも気になります。参考もあまりすべきでないと思います。

記事数:19

先月はだいたい1.5日に1回の頻度で記事を投稿しました

とはいっても、投稿の頻度には差があり、5月上旬はあまり投稿せず、中旬から下旬にかけてほぼ毎日投稿しました。

f:id:thesaviour:20200602210904j:plain

毎日投稿しだした13日からアクセス数が伸びだしているのが確認できます。

やはり毎日投稿は出来ればした方がアクセス数の伸びは早そうですね

とはいえ、毎日投稿すると決めてしまうと強引に質の悪い記事でもなんでも投稿してしまい、本末転倒になってしまいます。そのため私は毎日ブログに関する作業は行うが、毎日投稿を絶対にする必要はないというスタンスで続けています。

検索からの流入:2%

検索からの流入たった2%でしたが、正直あまり気にしていません

SEOに関する知識に乏しいのもありますが、最近のGoogleの傾向として新興ブログが検索上位を取ることが難しいというのはよく聞く話です。

一方で、先月もっとも読まれた記事のキーワード「Bライフ SPYD」で検索すると、2020年6月2日現在、私の記事がトップに来ます

f:id:thesaviour:20200602212833j:plain

thesaviour.hatenablog.com

これは、よく読まれる記事なら新興ブログでもトップに来れる可能性があることも示唆しています。

弊ブログのような超弱小ブログが検索上位を獲得するためには、SEOを考えるよりも良質でみんなに読まれる記事を書き続けることが優先事項なのだろうと感じます。

平均文字数:3445

巷では1記事あたり2000文字程度が目安とされているので、約3500文字というのは比較的多い方だと思います。

ただこの文字数になったのは特に意識したわけではなく、単純に伝えたいことを書いた結果です。

そのため、7000文字を超える記事もあれば、700文字を切る記事もあります。

いずれにせよ、必要な情報が伝わるのであれば文字数の多少は関係ないので、あまり深く意識しなくてよいのかなと思います。

Twitterフォロワー数:191→219

1か月で28名の増加でした。

ブログを始めたのに伴い、記事の更新時は通知ツイートをするようになりました

しかし、そのほかには特別なことはしておらず、これまでの使い方通り、

  • ユーザーやツイートを検索し、知りたい情報を調べる
  • 気になったユーザーやツイートにいいねやリプ、フォローを行う

を続けただけです。

先月より前までは、主に投資と節約関連のツイートをしていたため、『投資』や『節約』クラスターのフォロワーさんが大半でした。

しかし、先月新たに増えたフォロワーさんの多くは『節約系スローライフクラスターですので、単純にブログのことを知ってくれた興味のある方がフォローしてくれただけかと思います。

PV数を上げるために役に立ったこと

以上が各項目の所感と解説でした。

以下ではPV数を上げることに役立ったと感じることを紹介します。

Twitterとの連携

Twitterは連携したほうが絶対にPV数は伸びます。実際にブログ流入の半分がツイッターだからです。

ブログと最も相性のいいSNSTwitterです。両者とも文字をメインコンテンツとしているからです。

私がもし仮にTwitterをやっていなくても、ブログ開始と同時に始め、Twitterでの自己アピールにエネルギーの半分を使うでしょう

ブログ村ランキング参加

ブログ村のランキング参加も簡単な割に結構な流入となっています。ブログ流入の約2割がブログ村からです。

しかし、ランキング参加に関しては、参加するジャンルがニッチなのか競合過多かで重視するか決めたほうが良いでしょう。

私の場合、『スローライフ』や『山暮らし』、『20代セミリタイア生活』に参加していますが、これらのジャンルはニッチなジャンルです。

例えば、『20代セミリタイア生活』というジャンルに参加しているブログはたった13サイトです。

こんなにサイト数が少ないと、上位に行くのは非常に簡単です。なぜなら、13のブログすべてがアクティブではないからです。

更に、ブログ村は複数の集計方式でランキングがあり、初心者でも上位を狙える方式があります。それはINポイントです。

INポイントとは、ブログに設置してあるバナーをクリックしてブログ村にアクセスした数を数値化したものです。

重要なのは、自分自身がバナーをクリックすることが1日1回許されていることです。

ニッチなカテゴリだと、これだけですぐに上位にいけます

実際、『20代セミリタイア生活』のカテゴリでは始めた翌日から3位にランクインすることが出来ました

はてなブログの初心者グループ参加

これはPV数にはあまり貢献していません(全体の5%)が、はてなスターや読者登録をしてくれる人が現れるのでうれしいです。ブログ初心者の人たちが頑張っているのに刺激されて、モチベーション維持になります

本格的にブログ1ヶ月やってみた感想

感想を一言でいえば、全体的に自分が想像していたよりも好調です。

しかし、半年以上前から行っている土地探しが振り出しに戻りそうだったり、 Google AdSenseの審査が通らないなど、 いろいろと課題は山積みです。

今後もみなさまにとって少しでも有益な情報があれば発信していきますので、応援よろしくお願いします!

【土地探し】売主と連絡が取れない問題【小屋暮らし・Bライフ】

f:id:thesaviour:20200601194312j:plain

今回は私自身の土地探しの進捗状況を報告します。

タイトルの通り、売主と連絡が取れず購入できない状態です。

これまでの経緯を簡単に説明すると、

  • 2019年11月:土地探しを始める
  • 2020年4月上旬:『いい感じの売地』を見つける。実地調査等のリサーチ開始
  • 2020年4月下旬:『いい感じの売地』を買うことに決める
  • 2020年5月上旬:GW明けに買付書を不動産に提出
  • 2020年5月中旬:不動産より「売主と連絡がつかないので待ってほしい」と連絡が来る
  • 2020年5月下旬:不動産より「手紙も送ったが連絡が返ってこないため、他の土地を探すのを勧める」と連絡

こんな感じです。

『いい感じの売地』を見つける前にもいくつか購入候補はありました。しかし、どれも売地ではなく管理会社に草刈りを依頼しているだけの土地だったので、そもそも売ってもらえるかを依頼するところから始めていました。

しかし、『いい感じの売地』は売地なので「買いたい」と言えばすぐに買えるものだと思っていたのですが、まさかの売主と連絡がつかないという事態まったく想定していませんでした

詳しく不動産に話を聞くと、連絡がつかないというのは「電話番号は使用されていない」「手紙を送っても返事がない」という意味とのこと。

5月中旬に電話をもらった時には「電話がつながらない」としか言ってなかったので、てっきり売主が忙しくて電話に出てくれないという意味かと思っていました。「電話番号が使用されてない」というのとはかなり意味が違いますよね。

『いい感じの売地』は本当にいい条件を持つ土地です。(Bライフ・小屋暮らし用の土地として重視する条件はコチラの記事 で紹介しています)

半年以上かけてようやく見つけた土地が、売主と連絡が取れないという理由だけでは諦めきれません。

だから、売主のお宅に突撃することにしました。

土地の売主の住所と名前を知る方法

どうしても『いい感じの売地』を諦めきれないため、売主の家に直接行くことにしました。

土地の売主の住所を知る方法は以下の通りです。

  1. 土地の登記事項証明書を入手する(売地の住所を知っておく必要があります)
    1. 法務局に請求する(直接/郵送/オンライン等):1通当たり480円~600円で日数がかかる
    2. 登記情報提供サービス を利用する:1通当たり334円で即時ダウンロードできる←オススメ
  2. 不動産登記事項証明書に記載されている「権利部(甲区)(所有権に関する事項)」の「登記の目的」欄が『所有権保存』または『所有権移転』の列の「権利者その他の事項」欄に売主の住所と氏名が記載されている

f:id:thesaviour:20200601194830j:plain

上記サンプルだと、受付年月日が新しい方を見ますので、『特別区南都町一丁目5番5号 法務五郎』が現在の所有者ということになります。

ちなみに登記事項証明書には 『全部事項証明書』、『現在事項証明書』がありますが、売主の住所は記載されているのでどちらでも問題ありません

『全部事項証明書』は、抹消された事項を含めて現在までの全てが記載され、登記の履歴が記載してあります。 『現在事項証明書』は、現在有効な内容のみを記載してあります。

登記事項証明書と全部事項証明書の違いとは?:自分で登記.com

注意点としては、登記上の住所が載っているだけなので、実際に売主が住んでいる住所ではない可能性があります。引っ越ししたのに登記情報を変更していないケースとか、所有はしてるけどめったに行くことがない不動産のケースです。

私が今回突撃する予定の住所も本当に住んでいるかわかりません。

ただ、不動産が「手紙を送ったのに返事がない」ということは、住んでいる可能性が高いです。名義と住所が一致しない場合、送り先不明で手紙が返ってくるからです。

あと、むやみに売主さんに突撃するのは最終手段にした方がいいです。売主さんからしたら、急に知らない人がやってきて「土地を下さい」って来たら不審がる人が大半だとおもいます。

私は不動産屋さんに同行してもらう予定です。

最後に

今回は私自身の土地探しの進捗状況と、売主の住所と名前を知る方法を紹介しました。

「手紙を送ったのに返事がない」という状況からして、もしかしたら入院中とかなのかもしれません。

これで買えなかったらかなりショックです。また振り出しかと思うといつ小屋暮らしをはじめられることになるのやら。。。

いずれにせよ、行ってみての結果次第で『いい感じの売地』を諦めるかどうかは決めようと思います。

また進捗があれば更新します。